「伝の心」

先に、失語症の知人にビデオカメラのDVDをWMVファイルに変換したことを書いたが、
フロッピー装置がパソコンについていないので、3.5”FDに打ち込んでいただいた小説のTXTファイルを、CDにコピーしてほしいと、奥さんに頼まれた。
単純にコピーして作ったが、どうやって読むのかな?、頼みに来た奥さんの説明では心配だったので、届けながら、確認に行った。
パソコンには日立の「伝の心」というシステムが入っていた。
ほとんど手も動かない状態で、画面の50音表が順に色が変り、該当文字に来たとき手のわずかな動作で知らせるというインターフェースであった。
該当文字を通過してしまうと一巡するまで待つ!、健常者には気の遠くなるような操作であった。
この人にCDに入れたテキストファイルを取り出す方法など説明しても、できる相談ではなかった。
せっかく、期待された頼まれたので、もう少し役立つものにしてあげたい。
それには、私自身「伝の心」を知らないので、まずここから体験しなければ、
幸い支援者用に無償体験版がダウンロード出来るようである。
http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/acce/products/body/denno_o/index.html
審査が数日かかるらしく、すぐはダウンロードできなかったが。
「読めるようにしてくるからね」と言ったとこの笑顔に答えてやらないと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ちゃこ
2007年07月22日 06:00
伝の心のサポートをしています。
伝の心DLできしたか?
2007年07月22日 09:23
伝の心で閲覧できる、各地の四季や行事などをスライドショーや動画で全国のサポーターが届けるシステムに発展しています。
http://qpon.quu.cc/helper/
日本ALS協会のHPからもリンクいただけることになっています。
ご覧頂き役立てていただければ幸いです。
ちゃこ
2007年07月23日 06:50
ありがとうございます。
私も伝の心でみやすいHPを作ってみようと
思いながら時間だけが過ぎていっています。

この記事へのトラックバック