読めない「どこでも配置」

肢体不自由者用ホームページを提供している知人から、元の同僚がホームページを公開しているというので訪問したが、文字が重なって読めない。
パソコンの設定が悪いのか調べて欲しい。といわれて訪問した。
原因は、ホームページビルダーの「どこでも配置」で作り、フォントサイズ「中」で細かく改行してレイアウトされたページだった。
彼はベットに横たわってディスプレーを見るので、フォントサイズ「最大」にセットして読んでいる。
その結果1行が2行に膨らみ、どこでも配置で指定した、次の段落と重なってしまい読めなくなっていたのだった。
公開ページは訪問者の環境に合わせて再成形して表示する「標準モード」で作るべきだが「どこでも配置」で作る場合は、少なくても、文字サイズ「最大」でも読めることを確認したいものである。
もっとも、IE7からは「拡大レベル」を選べるので、訪問者側でも解決できるが、まだIE6の利用者の方が多い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック