血液検査で注射器10本も採血された

昨年末、定期ガン検診のときに検便に潜血が混じる、大腸がんのサイン、と採血で貧血と赤血球が基準限界値を下回り、要精密検査と判定された
大腸がんは内視鏡検査を受けて異常はなかったが
貧血等の血液の改善は、鉄分を補給するクエン酸第一鉄NAという錠剤を処方されて、月に一回採血し経過観察をしてきた。
しかし思うように数値が上がらず、超音波で内臓をチェックを受けたが異常はなかった。
専門の血液内科のある厚生病院を紹介するので行ってくるように言われて、昨日、豊田厚生病院の血液内科を受診した。

それほど重大な問題になる数値ではないので、骨髄の造血機能まで調べなくても。経過観察を続けて様子見をしていればいいと思う

と言われた。

自分自身、自覚症状がある訳れはないので納得した。

一応、こちらでも血液検査をして再調査をしておくので2週間後にくるように言われ、次の採血場に寄った。
通常採血は2~3本の採血だが、今回は、なんと10本も採血をされた。

こんなに血を抜いても問題ないですか?、
献血に比べたら微々たるものですよ!、
ということだった。

80歳代にもなるとあちこちの問題がでる。
歯科は総入れ歯になってしまったし。
眼科は白内障で人工レンズに交換したし
整形外科は不思議と最近は膝関節も肩、腰の痛みはなくなりご無沙汰している。
努力したわけでもないのに15kgも体重が減って若いころの体重に戻った効果かも知れない
ただ、脂肪だけでなく筋肉まで減ってしまい、重いものが持ち上がらなくなってしまったが

家庭菜園のスイカが豊作

20200729.JPG
100坪の家庭菜園も耕運機のお蔭で、あまり手をかけずに、今年もスイカを育てることができた。
今、大玉のスイカの軸の付け根の巻き蔓が枯れ、完熟のサインになっているものが10個ぐらいある。
試しに、今朝一個収穫して切って見たら、予想通り真っ赤に完熟していた。
大玉のスイカ一個は到底冷蔵庫に納めるスペースはない。
4分割してお隣さんへもお裾分け。
午後から車で再度家庭菜園へ、
トウモロコシに実が入り始めたので、網で囲い、テグス糸を張ってカラスよけの作業をし
帰りに、トマトやキュウリ、なすやピーマン、黄瓜、そして大玉スイカを3個持ち帰った
スイカは、軽量してみると5kg強、並べて記念撮影
あすにでも、近所の皆さんや知人に今年の初物のお裾分けをすることにする。
スイカだけは、みんな、喜んでもらってくださる。

白内障の手術をうけた

今年の初めころから左目が霞むようになった。
80年以上も使ってきた目も寿命のようで、眼科に行ったら白内障という診断だった
白内障なら女房も手術で両眼とも人口のレンズに取り換えている
さっそく手術をお願いしたが、手術待ちの人が多く、半年先になるといわれた。
その後、コロナ騒動が始まり、病床不足から不急の手術の筆頭に白内障の手術が上げられたりして、心配していたが
予定通り半年後の6月10日~12日、入院して手術を受けることができた
手術は10時30分から一時間弱、部分麻酔で行われたので、目を上に向けて、下に向けて、左を、右をと言われながら濁った部分を取り除いていくことが認識できた
小声で先生たちが会話しているのが妙に気になる、何か不具合があったのではないか、と
「はい、終わりました。成功です」
と言われても、眼帯をしっかりしてあるので、本当に見えるようになったか分からない。
明朝、眼帯を外します。
それを、楽しみに、一日ベットで寝て過ごした。
翌朝、眼帯が外された。
明るく、すっきり見えた。
人工レンズは、一生濁ることはないというので、これで一安心