血液検査で注射器10本も採血された

昨年末、定期ガン検診のときに検便に潜血が混じる、大腸がんのサイン、と採血で貧血と赤血球が基準限界値を下回り、要精密検査と判定された
大腸がんは内視鏡検査を受けて異常はなかったが
貧血等の血液の改善は、鉄分を補給するクエン酸第一鉄NAという錠剤を処方されて、月に一回採血し経過観察をしてきた。
しかし思うように数値が上がらず、超音波で内臓をチェックを受けたが異常はなかった。
専門の血液内科のある厚生病院を紹介するので行ってくるように言われて、昨日、豊田厚生病院の血液内科を受診した。

それほど重大な問題になる数値ではないので、骨髄の造血機能まで調べなくても。経過観察を続けて様子見をしていればいいと思う

と言われた。

自分自身、自覚症状がある訳れはないので納得した。

一応、こちらでも血液検査をして再調査をしておくので2週間後にくるように言われ、次の採血場に寄った。
通常採血は2~3本の採血だが、今回は、なんと10本も採血をされた。

こんなに血を抜いても問題ないですか?、
献血に比べたら微々たるものですよ!、
ということだった。

80歳代にもなるとあちこちの問題がでる。
歯科は総入れ歯になってしまったし。
眼科は白内障で人工レンズに交換したし
整形外科は不思議と最近は膝関節も肩、腰の痛みはなくなりご無沙汰している。
努力したわけでもないのに15kgも体重が減って若いころの体重に戻った効果かも知れない
ただ、脂肪だけでなく筋肉まで減ってしまい、重いものが持ち上がらなくなってしまったが