マイナンバーカードに2つの有効期限

マイナンバーカードの有効期限通知書という封筒が届いた。
マイナンバーは一生変わらないものなので有効期限があることを意識していなかったが、カードをよく見ると
「2026年4月xx日まで有効」と書かれていた。
今年は2021年、まだ5年先なのに、なぜ有効期限通知書が届いたのだろう?
マイナンバーカードをよく見るとカードにセットされている電子証明書の有効期限は「2021年4月xx日」と手書きされていた
マイナンバーカードの有効期限は10年(20歳未満は5年)、電子証明の有効期限は5年と決められていたのだった。
20歳未満のマイナンバーカードは成長期なので写真の更新が必要というのは分るが、電子証明の有効期間を半分にしているのはなぜだろう?
電子証明機能は、マイナンバーカードを使って、本人確認用サーバーにログインして、証明してもらうものだと思う。
仮に、本人が死亡等をしていた場合など、サーバー側で分かるはず
10年を2分割している理由は何だろう?、更新に行ったとき聞いてみることにしよう

Edgeでサイトの日本語が変わってしまう

GoogleMapAPIを使って利用ツールを開発し、jsファイルを公開した
https://qpon-toyota.com
仲間がこれを使って、作品を作ったが、
Edgeで開くと地図内の文章が変わってしまう、調べてほしいと言ってきた。

地図 → チャート
交流館 → シューリングホール
酒呑城 → ワインジェミニ市
酒呑陣屋 → 酒双座陣屋
梟ヶ城 → インターシティ
大給城 → 大与城 
滝脇城(長松院) → マラソンの時(長松院)
滝脇城(日影城) → 雑誌は万里の長城(日スタジオ)を脅かします
岩倉城の峠 → 岩倉城の宮城

漢字が英語のカタカナ表記になったり別の漢字に置き換わったりしてしまう

http://yamabiko2.main.jp/shiroato/shiroatomap.html 

原因はEdgeの自動翻訳が有効になっていて、地図データーに中国語の簡体文字が含まれていたため
Edgeが中国語と思って、日本語に翻訳したものだった。

このような場合Edgeのメニューバーにある翻訳アイコンを開いて、翻訳を解除すればもとに戻る

20210112.png

さらに、htmlをかくときに

<html>



<html lang="ja">

と言語指定をしておけば、自動翻訳は起動しないようだ