マイナンバーカードに2つの有効期限

マイナンバーカードの有効期限通知書という封筒が届いた。
マイナンバーは一生変わらないものなので有効期限があることを意識していなかったが、カードをよく見ると
「2026年4月xx日まで有効」と書かれていた。
今年は2021年、まだ5年先なのに、なぜ有効期限通知書が届いたのだろう?
マイナンバーカードをよく見るとカードにセットされている電子証明書の有効期限は「2021年4月xx日」と手書きされていた
マイナンバーカードの有効期限は10年(20歳未満は5年)、電子証明の有効期限は5年と決められていたのだった。
20歳未満のマイナンバーカードは成長期なので写真の更新が必要というのは分るが、電子証明の有効期間を半分にしているのはなぜだろう?
電子証明機能は、マイナンバーカードを使って、本人確認用サーバーにログインして、証明してもらうものだと思う。
仮に、本人が死亡等をしていた場合など、サーバー側で分かるはず
10年を2分割している理由は何だろう?、更新に行ったとき聞いてみることにしよう

"マイナンバーカードに2つの有効期限" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント