ヌートリア

カワウソの様に泳ぐ「ヌートリア」をしばしば、近くの逢妻女川で見かける
今日は、車で家庭菜園に行く途中に、農協用貯水池の土手で草を食んでいるところに出逢った。
車をそっと止め、車内からスマホで動画に撮った。
カワウソには似つかない、大きなネズミといった感じだった
日本軍が防寒用の毛皮を取る為に導入した外来動物が野生化したものだそうだ


左クリック=再生・右クリック=静止

以前撮影した写真が
http://qpon-home.com/yacho/nutoria/
にもありますのでご覧ください

LEDの点灯時間のバラツキは、2-3秒以内は正常範囲内!!

丸型蛍光灯を工事不要(点灯管を外すだけ)で交換できるLEDを買って4灯式シャンデリアの管を4月に取り換えた。
そのうち一灯が蛍光灯の様に点灯時間が1~2秒遅れて灯る現象があったので、苦情を入れたところ
「2-3秒以内は正常範囲内」という回答だった。
それから半年たって先日、その一灯が点かなくなった。
外してみると、空気穴部分が熱で変形していた。
20211019.JPG
現物交換はしてもらえたが、交換品も点灯が1秒ほど遅い。
連絡すると
使われているの器具が古く、安定器の寿命が原因では?、という指摘だったが
瞬時に点灯している機器に付け替えても、その管は点灯が遅い。
「2-3秒以内は正常範囲内」、不満なら返品を受け付けますとのこと
中国製なので、この程度の品質のばらつきはあるのかもしれないと
実用的には問題がないので、そのまま使うことにした。

選挙直前になってトヨタ労組が50年以上続いた組織内候補擁立をやめるという

今朝の朝刊に、衆議院選挙が公示される中、私の選挙区で50年以上議席を要してきたトヨタ労組の組織内候補が立候補を断念した。
という報道がさてた。
私が執行委員だった時「額に汗して働くものが報われる社会を」をスローガンに初めて前執行委員長を当時の民社党で立候補させた。
当時は中選挙区だったので、対象地域が広く、私は個人演説会場を確保し動員する担当だった。
公営の施設は使えないので、多くは各地の、お寺の本堂を借りて会場にした。
トヨタ労組は「労使相互信頼」が基盤なので、思想対立などせず自民党とも棲み分けてきた。
ただ小選挙区になって以来、自民党は惜敗率で当選したり落選したり。
先回と前々回は自民党も惜敗率で当選し、二人の衆議院議員がいた。
今回は
自民党の内規で73歳以上の候補者は、比例と重複立候補が認められないことから、勝ち目はないので
次は出馬しない意向を周囲に伝えていたが、後継者が決まらないため、出馬することを決めたようだ。
実は、この議員が初めて立候補した時も、直前になって自民系の豊田市会議員連中に押し付けられたものだった。
この状況からみてトヨタ労組の組織内候補は楽勝だったはず。
多くが国民民主党から立憲民主党に戻って2大政党対決に備える中、
共産等との連携を嫌い、無所属にとどまっていたが
公示日になって組織内候補の擁立はしないという執行部方針で出馬を断念したようだ。
結局、自民党の無風地帯になったわけだ
トヨタの執行部は
「額に汗して働くものが報われる社会を」
が実現できたと思ったのだろうか

休耕田でコスモスが満開

20211014.PNG
豊田市千足町では4ヘクタールの休耕田に地域の役員たちがコスモスの種を蒔いて、いま一面に咲き誇って見ごろになっている。
例年なら、地域行事のウオーキング大会が行われるのだが、コロナのために、行事は中止されて、折角の風景が勿体ない。
我が家から約3kmなので、女房と散歩がれら歩いてきた。
皆さんもよろしかったらお出かけください

スクラッチで「スーパーマリオ」風の練習プログラムを作る

小学校のプログラミング教育ツール「スクラッチ」のプログラミング練習をしています。
今回は、小学校にパソコンクラブで子供たちが一番作りたがっていた、スーパーマリオ風のゲーム画面に挑戦してみました。
絵心がないので、きれいにはできなかったが、動きはスーパーマリオ風にできたと思います。

日本人の年収が韓国以下とは!

OECDの2020年の国別年収統計によると日本人の年収は韓国以下で20年前から、ぜんぜん増えていないという
定年退職して20年、我が家の家計は厚生年金の他に企業年金もあり、生活に不安がなかったが、
この統計を見て唖然とした
20211012.png
韓国に追いつくためには10%の年収増が必要だ!
言われてみると、コロナ禍で定額給付金を支給するときにデジタル化の遅れにやっと気づいたというが、
実は2000年に「E-ジャパンの構想」が開始され、高齢者にもパソコン教育を国が展開した、私も地域の教育を手伝ったが、その後、継続されなかった
学校教育も、小学校にパソコン教室は設置され、私は月1回の小学校のパソコンクラブを手伝ったが、先生の教育はされず、パソコン教室のスケジュール表は、ほとんど空白のまま過ぎて行った。
やっと今年、全生徒にタブレットが支給されたが。
岸田総理は「手帳」にメモって「人の話を聞く」のが特技というが
今やペンやFAXの時代で情報が収集できる時代ではないのでは。そんなスピードではさらに世界に置いていかれはしまいか!


2000年2020年
順位年収(ドル) 順位年収(ドル)
1ルクセンブ57,100 1アメリカ69,392
2スイス56,529 2アイスラン67,488
3アメリカ55,366 3ルクセンブ65,884
4アイスラン53,810 4スイス64,824
5オランダ52,371 5オランダ58,828
6ベルギー51,922 6デンマーク58,430
7オーストリ47,860 7ノルウェー55,780
8デンマーク46,360 8カナダ55,342
9ドイツ45,584 9オーストラ55,206
10オーストラ45,201 10ベルギー54,327
11カナダ44,108 11ドイツ53,745
12イギリス40,207 12オーストリ53,132
13イタリア39,175 13アイルラン49,474
14フィンランド38,969 14イギリス47,147
15フランス38,782 15スウェーデ47,020
16ノルウェー38,647 16フィンランド46,230
17日本38,365 17フランス45,581
18スペイン38,349 18ニュージー45,269
19アイルラン36,886 19韓国41,960
20イスラエル36,276 20スロベニア41,445
21スウェーデ34,389 21イスラエル39,322
22ニュージー32,992 22日本38,515
23韓国29,238 23イタリヤ-




女房に40万円、私は10万円の年金支給通知!!

我が家にも、今ニュースになっている印刷ミスの年金支給通知ハガキが届いた
なんと現役時代の厚生年金納入時には扶養家族だった女房に40数万円、私は10数万円の年金が隔月に支払われると書かれていた。
チェック漏れで申し訳ない、という釈明がされているようだが、単なる人的にミスだろうか?
どんな対策がされるか?、まさか監督責任、減給...、なんという対応ではないだろうな!
書類には立派な実印が印刷された書類、もし信じて消費してしまったら!!
このハガキは二つ折りで宛名を表に金額を裏に印刷し折り曲げて貼り合わせて金額欄を隠す設計になっているため、通常の印刷機では同時には印刷できない。
似た構造のハガキは、通常三つ折れになっていて、同一面に宛名と金額を同時に印刷して、折り曲げるだけで隠せる構造になっているが。
トヨタ生産方式では「原因」と「真因」を使い分けている、なぜ、なぜ、なぜ、なぜ、なぜ、を五回掘り下げないと真因にはたどりつけない。
この機会に、なぜ年に2度も通知を出し必要があるのか、なぜ無駄な実印が廃止できなかったのか、さらになぜ年金が毎月支給でないのか
年金事務には多くの疑問がある