テーマ:昆虫

秋の虫が鳴き始める

猛暑が続き、連日の日照りで地面はカラカラ、水場を作ってやったら、蜂たちがうれしそうである。 畑の里芋は、畝を刈り草で覆ってあるが、ついに葉が枯れかかってきたし、メダカ池の水も枯れそうなので雨が欲しい! 願いが届いたのか夕方雷が鳴りひさしぶりに雨も降ってくれた。 長くは降らなかったが、気温が下がり、セミに変って秋の虫が鳴きはじめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイカに集まる虫たち

夜、カブトムシを集めるため、我が家の裏に作った餌台にスイカの蔕が置いてある。 ここに日中は蝶や蜂やカナブンなどいろんな虫たちが集まる。 実は林の中で、カブトムシやクワガタのいる木を見つけるのに、カブトムシやクワガタは保護色の上、弐中はあまり動かないので見つけにくいが、これらの蝶や蜂が飛び回っているところを探すと、樹液の出ているカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツクツクボウシが鳴き始めた

まだ、お盆前だが、夏の終わりを告げるツクツクボウシが鳴きまじめた。 真夏日がつづき、パソコンは1日中扇風機で冷やしていないと、オーバーヒートしてしまう。 それにしても、我が家はクーラーがないわけではないが、扇風機だけで夏をすごしている。 裏側が大木が茂った山のお陰で、木陰を作ってくれるし、表から裏へ風が抜けるような部屋配置になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はじめて当地でヒグラシが鳴いた

今日の夕方「カナカナカナ」という鳴き声が聞こえてきた。 セミのヒグラシの鳴き声のようだ 愛知県内でも我が家から40~50km北に行ったゴルフ場では聞いたことがあるが、我が家の周辺では今まで聞いたのとがなかった。 クマゼミもいなかったが数年前から鳴くようになったので我が家の周辺に生息するのは ニイニイゼミ、アブラゼミ、ツクツクボウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クマゼミ

昨日、菩提寺でお施餓鬼のおつとめがあり、義母の初盆なのでお参りにいった。 自宅から15Km程南に行ったところにあり、子供の頃ここでよく遊んだ。 夏は、木に登ってセミ捕りに熱中したものである、それも網など使わず、裏から木を登って、手掴みをしていた。 アブラゼミは多くいて捕まえられるがシャーシャー(クマゼミ)は少なくなかなか捕まら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もガマガエル来訪

女房が庭から「今年も来たよ!」と大声で呼ぶ 梅雨の時期になると我が家の庭にガマガエルが現れ、 挨拶をしてすぐいなくなってしまい、そして秋になると、またお別れの挨拶に現れる。 同じかえるではないと思うが、毎年くり繰る返されているのである。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

オオクワガタが飛来

今朝、女房が庭の掃除をしていて大きな声で呼ぶ、窓の下に飛んできた大型のクワガタを見つけたのだった。 これまでに捕まえたコクワ、ヒラタ、ノコギリとも違う、角の形はコクワに似ているが、大きさが数倍もある。 図鑑を見ても載っていないので。 改めてネットで調べてみたら「オオクワガタ」のようだ、自然界で捕獲したものは数千円から1万数千円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カブトムシ誕生

散歩道で、今年初めてカブトムシを見つけた。カブトムシとしては小型だったが、クワガタに比べると大型で目立つ 昨年のカブトムシの幼虫が入れてある虫かごに入れておいたら、翌朝に2匹になっていた。 我が家の幼虫も羽化したのだった。 そして、その夕刻には、スイカのへたを置いた小鳥の餌台にも、カブトムシが飛来してきた。 時期が来たので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セミとウグイス

今年は、ウグイスが山に帰らず、いまだに、美しい鳴き声を聞かせてくれている。 そして、昨日は、セミが鳴き出した、庭にはセミの抜け殻もみつかった。 セミとウグイスの合唱、ちょっと異様な感じがする!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノコギリクワガタ

1週間前、散歩中に、ヒラタクワガタを捕獲したことをブログに書いたら、孫が見つけて、送って欲しいと電話してきた。 月曜日には横浜に着き、ポケモンマニアの小学1年生から、うれしそうな声で「爺ちゃん、ありがとう」と電話してきた。 また、ノコギリクワガタも見つけておくからね!、と約束をした。 今日、散歩中に、クワガタ基地でカナブンやコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メダカの世代交代

自宅の庭の水槽に畑のメダカ池からすくってきたメダカが7匹越冬していた。 最近、3匹しか見当たらない、折角越冬したのにと思っていたら、よく見ると小さな赤ちゃんメダカが泳いでいる、その数10匹は下らない。 メダカの世代交代なのだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒラタ クワガタ

クワガタ基地は昨年ノコギリクワガタが2匹以外はすべてコクワガタだった。 今年がノコギリクワガタはまだ見ないがヒラタクワガタ(右)を2匹捕まえた。 孫たちを喜ばせるには、やはりノコギリクワガタをGETしないと!、周囲をきょろきょろしながら散歩する日々が続きそう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境美化活動

今日は、地域の「環境美化活動」が行はれた。 団地周辺の道路や公園の雑草刈りと雨水溝の土砂撤去が主な活動で、1時間ほどで完了する。 この行事も、半分は地域の交流が目的のように思える。 隣近所に住んでいても、家を出るときは車のことが多いので、なかなか顔をあわせることが少ない。ましてや世間話をすることもない。この活動の1時間は、まさに井…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

在来種のメダカ

20年以上も前のことである、開発や耕地改良で地域の沼が次々となくなり、メダカの生殖環境が破壊されてしまうので、家で飼育して、種の保存に努めたり、他地区の生殖環境にあう沼を探して放流したりしていた人と知り合った。 http://www2k.biglobe.ne.jp/~bantya/ 私の家庭菜園の冠水用ため池にも8年前に放流してもら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かぼちゃの交配

夏野菜の花が咲き出した。 トマトにキュウリにナスにウリに、そしてカボチャに。 ほとんどの野菜は虫たちが花粉を運び交配をしてくれるので、手をかけることはないが、カボチャだけは虫の運ぶ花粉量だけでは実を結ばないことが多い。 そこで、この時期、朝見回って、雄花を摘んで、雌花に挿してやれば確実だ。 今朝はカボチャを2個GETしました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メダカ池の水位が下がる

畑の冠水用に掘った池にメダカを放流して5年目になる。 今まで、池の水が涸れる心配をしたことはなかったが、最近水位が下がって水がなくならないか気になっている。 地下水の水位が下がった原因は畑周辺も公共下水道の整備が進み、家庭排水がなくなったためらしい。 公共下水道が上流まで完備すると、川の水源もなくなって、その方が自然への影響が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クワガタが冬眠からお目覚め

昨年、散歩道の秘密基地で捕まえたクワガタは、冬、冬眠していたが、さくらが咲き、春になったら、夜になると、這い回るようになった。 カブトムシは、卵を残して1年で死んでしまうが、クワガタはほとんどが冬眠していたようだ。 もっとも、孫の家に行った勇壮なノコギリクワガタは、死んでしまったそうですが。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「センチュウ(線虫)」ではなく「ハリガネムシ」だった

お風呂の脱衣場に長さ20cm、太さ1~2mmの気持ちの悪い虫が落ちていた。 洗濯機が置いてあるので下水から進入してきたのだろうか?、まさか寄生虫ではなかろうが、人ではないとしても犬がいるのでその可能性も!。 ネットで「線虫」や「センチュウ」で検索してみたが、長さ数ミリのものがほとんどである。 サーフィン中に 「佐賀大学農学部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年はカケスが群れて山からおりてきた。

今年は山の木の実が少ないのか、例年だと数羽単位でしか来ないカケスが数十羽群れて裏の雑木林に来ている。姿はきれいですが、鳴き声は「ゲーッゲーッ」と騒々しい。 若いころの流行歌に「あの子と別れた悲しさに、山のカケスも鳴いていた」という一節があったが、ここに住むまで「カケス」は「カラス」のことだとばかり思っていました。 裏窓から「きれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カブトムシの幼虫

裏山の腐葉土を掘ったら、もうカブトムシの幼虫が大きく成長していた。大人の親指ぐらいもある。 こんなに早く成長して、初夏まで土の中で過ごすのだった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオマツムシ

夜になると、虫の鳴き声がうるさいぐらい、すっかり秋になってきた。 灯りを求めて網戸に来るのは「アオマツムシ」が多い、時にはどこから入ったのかキーボードにとまっていることもある。 季節とともに入れ替わる虫たち、思えばほとんどが冬眠することなく一年が寿命である。 夏の我が家をにぎわした、カブトムシも、卵を残して、すべて死んでしまった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋野菜の芽が出揃う

例年は、種まき後、発芽するまで、水やりが大変な作業である、 以前は、ポリタンクで家から水を運んでいた、最近は池を掘ったので100M程度運べばよくなったが、今年は雨が多く、水をかけないまま発芽した。 しかし、家で苗作りを試みた、白菜は、本葉が出たとたん、虫に食べられてしまった、昼間に探してても見つからず、どんな虫が食べてしまったのか特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クワガタ、横浜行き

夏休みの初め、捕獲したカブトムシを横浜の幼稚園の孫に送った。 ところが、「友達のクワガタと決闘させて負けてしまった」としょんぼりしていたとのこと。 以前に捕まえた「ノコギリクワガタ」はもう一人の孫が来て持っていってしまったが 昨日、散歩中に同じ場所で、また「ノコギリクワガタ」をみつけた、早速捕まえて、前に捕まえたコクワガタと一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真夏に稲刈りでイナゴは害虫でなくなった。

まだ8月というのに、稲刈りが進んでいる。コシヒカリは8月中に刈り取るのだそうだ。 二百十日とか二百二十日とか、台風シーズンをいかに乗り越えるかが実りの秋をも迎える豊作の条件がったが、このごろは真夏に稲刈りが終わってしまうのだ。 稲の葉を食べるイナゴは、稲の害虫とされていたが、イナゴが現れたこるもう稲がない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガマガエルとカメ

今朝、女房が「来ている!来ている!」と呼ぶので、行ってみると大きなガマガエルが庭から裏山へ帰るところだった。 今年は初めてのお目見えだが、毎年顔を出す、同じ固体か生まれ変わっているのか見分けは付かないが! 夕方愛犬をつれて散歩に堤防を歩いていたら、草むらからカメをくわえてきた!。 カメは首を引っ込めて、無事のようである。取…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ツクツクボウシ鳴き始める

もう、夏の終わりを告げるツクツクボウシが鳴き始めた。 そういえば、私のホームページでは5年以上も鳴き続け、NHKにも出演したツクツクボウシがいます。 http://www2a.biglobe.ne.jp/~qpon/anima/jv_tuku.htm このセミは、10数キロ南の私の生まれたところで生息しないのです、僅かな距離な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メダカ池の笹舟

先日、孫に笹舟を作ってやったら、メダカ池に浮かべてひとしきり遊んで帰った。 その後、畑の水やりでのぞくと、メダカが笹舟で遊んでいるみたいだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クマゼミ

今朝、クマゼミが鳴きはじめた、今住んでいるところへ引っ越して30数年、夏は「ニイニイゼミ→アブラゼミ→ツクツクボウシ」と順に鳴き秋を迎える。 私の生まれは10数キロ南ですが、セミといえば「ニイニイゼミ→アブラゼミ・クマゼミ」だった。 たった10数キロでクマゼミが勢力をふるいツクツクボウシはいなかったのです。 そのクマゼミが今朝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミヤマクワガタ→ノコギリクワガタでした

毎日の散歩コースが、30数年前、子供が小さかったころ、子供と一緒にカブトムシを捕まえに出かけた里山の「秘密基地」とダブっている。 ある日、出逢ったおばさんに「このあたりで家庭菜園用の畑の借りられるところはありませんか?」と尋ねると、「この先の草地でよかったら、好きなだけ耕していいですよ」とその場で借りられた。 以降30年以上耕し続け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイカとカブトムシ

菜園で収穫したスイカは、我が家では人間が美味を味わうだけではない。 スイカの食べ終わって残った蔕を、小鳥用の餌台に乗せておくと、カブトムシやカナブン、蜂や蝶が集まってきて食べます。 スーパーでカブトムシを買っている都会の子供たちが見たら羨ましがることでしょうね!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more