豊田市のコロナ2月に高齢者が激増

豊田市のホームページを覗いてみた
コロナのり患数は愛知県で名古屋市に続いて2番目に多い、面積は県下トップ、人口は第2位なのでと全だろうと思っていた。
最近は詳細データを見ていなかった。
ひさしぶりにデーターを覘いたら高齢者が目に付いた
2月に入って今日までの陽性者をグラフにしてみて驚いた
20210206.png
80代が一番多く70代、60代と続いているではないか、詳しくみると
市内の介護事業所において、クラスターが発生し利用者、職員あわせて11人が陽性になっているようだが
それを除いても自分たちの年代が狙われている、引き続き注意怠りなくだ

水道管の水漏れ修理17万円

留守中に、水道の検針者から、「水漏れの可能性があるので調べてください」という通知がポストに入っていた。
蛇口が緩んでいて「ポタ、ポタ」と漏れていたのでそれが原因と思い、しっかり絞めて、その日は過ぎた。
翌日、「検針時にお留守だったので紙を入れておきましたが見ていただきましたか?」とわざわざ車で来てくれた。
「はい、蛇口が緩んでいました」と応対すると「まだ、漏れていますよ、メーターを見てください。」と言われ
20210202.jpg
確認すると、ゆっくり回転していた。
回転速度から実験してみると、蛇口が緩んで「ポタポタ」漏れているのと同程度の回転速度だった。
翌日、水道局指定の近所の水道工事屋さんに修理依頼をした。

水漏れは少ない方が工事は大変だよ!

多ければ、音で地中に埋まった配管の漏れ個所が分かるのだが、わずかな漏れだと音はしないので、配管をところどころで掘り出して、盲栓をして、メーターが止まるか調べていかなければならない。
水道管の上はコンクリート舗装され、エアコンの室外機や温水タンクが置かれたりしている、
3か所目で見つかり、やれやれ
配管をつなぎ変えて埋め戻し完了した、

ところが、まだ微妙に回転してる。、
エア抜きなどすれば止まると思うよ!、と様子見したが回り続ける

一か所だけではなかったらしい。

途中は、いろんなものが上を覆って掘り起こせない
結局バイパスの配管を新設することになった。

2人で3日間の大工事となりってしまい、都合17万円、我が家の水道代2年分相当の出費となってしまった

マイナンバーカードに2つの有効期限

マイナンバーカードの有効期限通知書という封筒が届いた。
マイナンバーは一生変わらないものなので有効期限があることを意識していなかったが、カードをよく見ると
「2026年4月xx日まで有効」と書かれていた。
今年は2021年、まだ5年先なのに、なぜ有効期限通知書が届いたのだろう?
マイナンバーカードをよく見るとカードにセットされている電子証明書の有効期限は「2021年4月xx日」と手書きされていた
マイナンバーカードの有効期限は10年(20歳未満は5年)、電子証明の有効期限は5年と決められていたのだった。
20歳未満のマイナンバーカードは成長期なので写真の更新が必要というのは分るが、電子証明の有効期間を半分にしているのはなぜだろう?
電子証明機能は、マイナンバーカードを使って、本人確認用サーバーにログインして、証明してもらうものだと思う。
仮に、本人が死亡等をしていた場合など、サーバー側で分かるはず
10年を2分割している理由は何だろう?、更新に行ったとき聞いてみることにしよう

Edgeでサイトの日本語が変わってしまう

GoogleMapAPIを使って利用ツールを開発し、jsファイルを公開した
https://qpon-toyota.com
仲間がこれを使って、作品を作ったが、
Edgeで開くと地図内の文章が変わってしまう、調べてほしいと言ってきた。

地図 → チャート
交流館 → シューリングホール
酒呑城 → ワインジェミニ市
酒呑陣屋 → 酒双座陣屋
梟ヶ城 → インターシティ
大給城 → 大与城 
滝脇城(長松院) → マラソンの時(長松院)
滝脇城(日影城) → 雑誌は万里の長城(日スタジオ)を脅かします
岩倉城の峠 → 岩倉城の宮城

漢字が英語のカタカナ表記になったり別の漢字に置き換わったりしてしまう

http://yamabiko2.main.jp/shiroato/shiroatomap.html 

原因はEdgeの自動翻訳が有効になっていて、地図データーに中国語の簡体文字が含まれていたため
Edgeが中国語と思って、日本語に翻訳したものだった。

このような場合Edgeのメニューバーにある翻訳アイコンを開いて、翻訳を解除すればもとに戻る

20210112.png

さらに、htmlをかくときに

<html>



<html lang="ja">

と言語指定をしておけば、自動翻訳は起動しないようだ



GoogleMap活用ツールの更新

GoogleMapAPIが公開された当時に作った、GoogleMap活用ツール
ついに最新のバージョン3では動かなくなった。
そこで、改めてGoogleMapAPI-V3を勉強しなおし
データー類がそのまま使えるようにすることを前提に再度プログラミングをし直した
さらに、ストリートショーとの連動、ナレーション読み上げ機能を付加もしました
https://qpon-toyota.com/google_map/Gmap_b.htm
ご活用いただければ嬉しいです。

定額給付金はふるさと納税へ

コロナの定額給付金10万円はコロナでの減収救済金だが
年金をいただいているものにとって減収はないので、全額ふるさと納税でお返しした。
自分の気持ちもすっきりしたし、納税した自治体にも喜んでいただけ、さらに返礼品をたくさんいただけた。
お米「あきたこまち」、発泡酒「本麒麟」、リンゴ、ミカン、マスカット、、、
さらに、ふるさと納税サイトへのバナー広告を自分のホームページに貼って
その広告から納税サイトに入り寄付手続きをすると寄付額の5%が広告収入になる
ふるさと納税でお役に立て、
私自身には満足感と3割相当の返礼品、さらに5%の広告料収入、
みなさんは、どんな使いかたをされたのかな?