アクセスカウンタ

還暦QPON喜寿

プロフィール

ブログ名
還暦QPON喜寿
ブログ紹介
ホームページ「還暦QPON喜寿」で公開している、ホームページ用のオリジナルな裏ワザ、ソースプログラム、ホームページ用ツール、などの新着情報、GoogleAdSenseを使ったアフィリエイトやSEOについての分析などを書いています。
麻雀ゲーム「上海」インターネット囲碁など、ゲームサイトも好評です。
また「地図から飛び出すリンク集(QPON LINK)」には全国の多くの仲間たちのホームページが集まってメーリングリストで相互研さんを図っています。
zoom RSS

運転免許更新の高齢者講習が3か月待ち

2019/01/29 19:55
認知機能検査に通過して、次のステップの高齢者講習を自動車学校で受けなければならない。
早速自動車学校に予約電話を入れた。
今からですと5月になります。
3個所の自動車学校に電話したが早いところで4月末、あとは5月初旬
私の誕生日は4月中旬なので、いずれも誕生日が過ぎてからになってしまう。
免許証の有効期限は誕生日の一か月後なので何とかギリギリ間に合うものの、あまりにも余裕がないのにびっくり!!
認知機能検査が申込から一か月以内で出来たので、なんとか間に合うが、
認知機能検査の予約時、ある自動車学校では、2か月待ちになり、高齢者講習が間に合わなくなる恐れがあるといわれ、別の自動車学校でうけた
きっと、間に合わなくて慌てている人もいるのではないか。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


認知機能検査「100点」の通知が来た。

2019/01/26 21:58
高齢者の運転免許更新時に行われる、認知症による事故防止を目的とした、認知機能検査を受けてから17日たった今日、県警運転免許課から「認知機能検査結果通知書」が届いた。
総合点100点
記憶力・判断力に心配はありません。
次のステップの「高齢者講習2時間コース」を自動車学校で受けて、免許証更新に備えてください。
内容だった。
100点取れたのは、自分で作った「認知機能検査」体験サイトで十分予習していったから当然のことですが
実は、近くの自動車学校に「認知機能検査」の予約電話を入れたところ、免許証の期限を聞かれ、今空いている日に受験しても、結果通知が来るまでに半月かかり、その結果を持て「高齢者講習」を予約すると、免許の更新期限に間に合わないかも知れない」といわれて、市外の空いていた自動車学校を探して受験したのでした。
3年前は受験したその日に採点結果を自動車学校で教えてくれた。
県警には、その結果を送られ、ただデータベースに保管されていた。
今インターネットでどこでもつながっている時代、検査結果を受け取りデータベースに保存し。それをベースに結果通知書を発行し郵送する。
数時間とは言わないが数日で十分できる内容なのに、半月もかけている。
帳票の流れ分析図、とかパート図によるクリチカルパスなど、それこそ昭和の時代に使った事務の効率化手法で分析したって、すぐ効率化できはず。
是非1週間以内にしてほしいものだ
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


サーバーのキャッシュを使う

2019/01/25 23:24
ホームページを複数のレンタルサーバーを使って運営していた。
YAHOOがホームページサービスから撤退する。
BIGLOBEサーバーがGoogleの広告を設置できなくなる。
など、何か対策しなければならないと思っているとき
使っているロリポップサーバーにマルチドメインサービスがあることを知った
そこで、この一つのサーバーにBIGLOBEとYAHOOのサーバーの内容を、そっくる移動して、すべてを集約することにした。
ところが、アクセス数が3倍になり、503(サーバー過負荷)エラーが頻発するようになってしまった。
サーバーを新たに借りなければいけないか?、とロリポップのカスタマに相談したところ
サーバーのキャッシュを利用すれば解決するかもしれない!、とアドバイスされた。
麻雀ゲーム「上海」や「四川省」など、訪問者があるたびに牌のイメージファイルをハードディスクから読みだすのが負荷をかけている。牌はどの訪問者も同じなので、キャシュメモリーに残して置いて、そこから読みだすようにすれば負荷が大幅に軽減する。
と設定方法を案内してくれた
https://lolipop.jp/manual/hp/content-cache/
設定は簡単で、問題は見事に解決し、ページの読み込みも快適になった。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


帯状疱疹後神経痛15か月経過

2019/01/16 23:27
こんなに長く痛みがなくならないとは思っても見なかった。
帯状疱疹が治ったと思ったら後遺症の帯状疱疹後神経痛を発症した
長引くとは聞いていたが、神経ブロック治療をすれば数か月で治ると思っていた。
あれから15か月、毎月神経ブロック注射の治療を受けてきた。
まだ痛みは残っているが、なにかに夢中になっていれば忘れられるまでにはなった。
今月から神経ブロック注射をなくして投薬だけで過ごしてみることになった。
リリカOD錠75mgを朝晩1錠、
トリプタノール錠10mgを寝る前に2錠
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


認知機能検査で高得点

2019/01/09 14:43
初めての高齢者運転免許更新時の認知機能検査を受けたときは74歳の時だった
74歳中に更新すれば、認知機能検査はないだろうと勝手に思っていたら
免許更新時は75歳の誕生日なので認知機能検査は必要だった
今80歳だが77歳の時を含めて3回目の受験だった
今回は、これまでよりはるかに高得点(多分100点)ではなかったか?

一番問題なのは16枚の絵を覚えて、答えるテストだが

その絵は警察庁のホームページに公開されている。
http://www.npa.go.jp/policies/application/license_renewal/ninchi.html
A,B,C,Dの4タイプの絵しかないのだ。
事前に4x16=64の絵を覚えておねば100点は可能なのだ

そこで、この絵を警察庁の公開サイトからダウンロードして
認知機能検査を体験できるサイトを作って、公開してある
http://qpon-toyota.com/ninti_test/

それを使った同期生は100点をとったし
先日女房も、はじめての認知機能検査だったが100点をとった。

認知機能検査体験サイトを作った本人なので、当然100点だろうと自信をもって受験した
今日は「Aタイプ」が出題された
ノーヒントではすらすらとは思い出せなかったが何とか16枚答えられたと思う
他のタイプの絵と混在してしまっていないかが心配だったが
多分100点だと思う

体験本も発売されているようだが
私の「認知テスト」のサイト

http://qpon-toyota.com/ninti_test/

も役立つと思いますので、ぜひご利用ください。
警察庁が公開し、体験本も出回っているので、不正なカンニングにはならないはずです
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


年賀状

2019/01/01 20:46

画像
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


高齢者の交通事故は本当に多いか?

2018/12/26 16:03
最近、高齢者の運転免許証の返納を呼びかけることを、よく耳にする。
免許の更新でもゴールド免許なのに有効期限は5年ではなく3年に制限される。
いずれの理由も、高齢者は事故を起こしやすいからというものだ
本当だろうか
先日、JAFの会報に反論が出ていた。
私も改めて警察庁の事故統計を見てみた
画像

免許保有者10万人当りの年代別事故数を事故数の多い順に並べてみると、高齢者の事故率が極端に高いとは言えないことが分かる
免許更新時に認知機能検査や運転講習が義務ずけられている後期高齢者と言われる75歳以上でも、20代の若者より事故は、はるかに少なく、それ以前の定年を迎えた65歳から74歳は30歳代と同等だった。
今後、高齢者の起こしやすいペタルの踏み間違い事故は自動ブレーキの装着など車のハード対策で大きく改善されるだろう。
そうなれば、数年後のこの統計での高齢者の事故率は大幅に改善されるだろう、
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

還暦QPON喜寿/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる