「.txt]ファイルを「.js]ファイルに変換

読書支援ツールをJavascriptでプログラムしたとき、テキストファイルの文字データーをJavascriptの変数に取り込まないと、いろんな加工や自動送りなどのデーターとして使えない。
Javascriptの変数には改行コードがあると、格納できない。
プログラムエディターに読み込んで改行コードを<br>等のタグに置き換えることも考えたが、大量なファイルの手作業となるし、あわせて、「。」の位置でも区切って、文字列を短く区切ったり、読みやルビをはずしたりしないと読み上げがダブってしまうし、、余分な改行を詰めたりもしない。とうとう手作業での変換は大変である。
そので
1、テキストファイルを開き「Ctrl」+「A」キーで「すべてを選択」
2、「Ctrl」+「C」キーで「クリップボード」に「コピー」
3、「クリップボード」からJavascriptで「HTML内の<form>に「貼り付け」

document.myform.dt_box.value = window.clipboardData.getData("Text");

4、<form>からJavascriptの変数に取り込み
5、プログラムで改行コードを<br>タグに、「。」を「。<br>」に、「<bp><br>」を「<br>にというように置き換え

改行コードはWindowsパソコンの場合は
ラインフィールド  = %0A(10) = ¥n
キャリッジリターン= %0D(13) = ¥r
の2つが連続して使われている。

配列変数名=変数.split("¥n");
変数名=配列変数名.join(”<br>”)

6、置き換え結果をJavascriptでクリップボードにコピー

copy_obj = document.myform.dt_stock.createTextRange();
copy_obj.execCommand("Copy");

7、1で開いているファイルに「Ctrl」+「V」で貼り付け
8、「変数名=’」を先頭に、「’;」えお最後につけて
9、ファイルの拡張子を「js」に変更して保存
という操作で変換ツールを、読書支援ツールに追加した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック