信号でパソコン電源のON

当たり前のことだが、パソコンが動いている間はパソコンにいろんなことをやらせられるが、パソコンの電源を入れるのはパソコン自身では出来ない。
正常な人には、電源ボタンを押すことは何の不自由もないが、筋肉が麻痺したALS患者には介護人が来てくれないと出来ないのである。
そのため、寝るときもパソコンをつけたまま、操作スイッチに手を乗せた状態で寝るのだそうです。ところが、寝ている間に誤操作して、折角入力したものが消えてしまったりすることがある。
なにか方法はないかと相談されたが、いい知恵はなく、「伝の心」を提供している日立に相談したら、サードパーティ製だが「できパワーforPC」を紹介してくれた。
考えてみればネットや電話経由で自宅の家電が操作できる時代、パソコンのBIOSには電源操作の出来る機能が入っているようだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

hiken
2008年07月06日 22:40
「できパワーforPC。」をご提供させていただいております、「できマウス。」プロジェクトの町田です。PCの電源が「できパワーforPC。」が
無くてもONできる製品がでることを願っております。Vistaでは、ディスプレードライバーを直していただきましたので、シャットダウン/休止/スリープからの復帰ができるようになりました。URLが変更になります、よろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック