地震警報装置が初めて作動

「ガー」「地震」「震度3」「0」
とケーブルテレビ回線につないだ地震警報装置が初めて鳴った。
その直後揺れを感じた。
それから数分後テレビの画面で「静岡県西部で震度3の地震がありました。」と放送された。

地震警報装置は地震観測地点で感知したP波を分析して、揺れを起こすS波の到達時刻をカウントダウンして伝えるものだが、伝達速度はP波は5~7km/秒、S波は3~4km/秒なので100km先なら約10秒前に感知できるはず

今回は警告音が鳴り始めて「「ガー」「地震」「震度3」「0」」のアナウンスをあわせるても5秒ぐらいであった。
多分地震発生~地震計の設置場所で感知~震度等の解析~CATV局に通知~放送に数秒は要しただろう。
震源の静岡県西部は100KM未満なので、このタイミングが限界なのだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0