WindowsMailのソース編集は文字化けする

HTML形式のメールはソースの編集をしてホームページ同様に作りこむことができるが、Vistaの標準メーラー、WindowsMailの場合、ソース編集をして戻ると文字化けをしてしまう。
その原因は、通常の日本語はJISコードで保存されているのにたいし、ソース編集はUFT8コードでしかできなくなっているためのようだ。
そこでソース編集をしたい場合は
「書式」「エンコード」「UTF8」としてから「ソース」タブをクリックして編集する。
完成したら改めて
「書式」「エンコード」「日本語(JIS)」
に戻してから送信するようにする。
「UTF8」のままでも送れるが、受け取る側がエンコード設定が「UTF8」に自動的にならなくて文字化けをする場合があるので「JIS」に戻したほうが親切

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック