ゲームの効果音の鳴らし方の変遷

ブラウザがIE全盛のころは、IE固有の<BGSOUND>タグで鳴らし、それ以外は外部プレーヤーを起動する<EMBED>タグを使うのが標準だった。
そのためにはブラウザを判別しなければならなかった。
navigator.appName
を調べればよかった
IEは先頭文字が「M」、どれ以外は「N」だった。
ところが今は、IEも「N」になってしまった。

幸いなことに、効果音をならすタグに<AUDIO>がIEを含めたすべてのブラウザで使えるようになった。

<script>
bgm=new Audio("koukaon.mp3");
</script>

のように読み込んでおき、必要な時に

bgm.play();

のように呼び出す


たとえば、ボタンを押したら鳴らすようにするなら

<button onClick="bgm.play()">クリック

となります。

ただ、ブラウザによって使えるファイル形式に差があるのが難点


MP3形式がIE、Chrome、Safariが対応しているので無難だろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック