パンク応急修理剤を使うと、タイヤをダメにする

車がパンクして応急修理剤の取り扱いが分からずJAFデーラーまで運んでもらった。
結局タイヤが減っているの新品に交換した方がいいと言われ、左右2本交換することになった
そこで、今後のために、パンク応急修理剤の注入の仕方を教えてもらった
ポンプを車のシガライターの電源につないで、薬剤と一緒にタイヤに空気を注入するのだった
釘などを拾って空気が漏れている部分から空気が漏れるときに薬剤が固まって穴を塞ぐのだった。
しかし、注入した薬剤がタイヤ内に残るので、修理をして引き続き使うことはできない。
JAFにレッカー搬送してもらったのは正解だった

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック