高齢にむち打ち秋野菜の植え付けと種まき

ここ数日100坪菜園で汗を流した
畑の周囲や空き地の伸びた雑草を草刈り機で刈り取りサトイモの畝に運んで乾燥防止に、
春にダンプで運んでもらい畑の隅に山にしてあった牛糞の堆肥化したものを一輪車での運搬し一面のばらまく
そこに苦土石灰を撒き耕運機で土に漉き込んだ、今の耕運機は畝立てもできるので一気に種まきや植え付けの準備完了
草刈り機と耕運機のお陰で高齢者でになっても完了できた
今年はキャベツと白菜の苗は育てす、買ってきた、一本55円を各12本、ブロッコリーを2本
ダイコンとかぶ、ニンジンは種を一袋づつ買った
早速、約10mの畝の植えるところに防虫用のダイセンを撒き、元肥に化成肥料をまぜ合わせて準備し
ダイコン2列、かぶ2列、ニンジン2列、に種まきをし、白菜1列、キャベツ1列に苗を植えた。
さらにキャベツと白菜は虫が付きやすいので防虫ネットで覆って完了
幸い、植え終わったら雨が降り出し、水やりの手間は省けた

自分で食べるだけの家庭菜園なら10坪もあれば十分だろうが
近所隣に野菜を配って喜ばれるし
高齢になると運動不足で足腰が弱ってくるのを予防するためにも
折角維持してきた100坪菜園を続けたいものだ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント